MUFGの株価急騰の背景

MUFG Bank(三菱UFJ銀行)

我が保有株・MUFGの株価が急騰している。

昨年のコロナショックでの急落以降、ずっと冴えなかったが、
ここ最近にきて、一気にアゲてきている。

MUFGの株価急騰の理由は、
昨日の記事でも書いたように、
主に、アメリカの長期金利上昇であろう。
コロナの収束が見え始めたこともあり、金利が久々にアゲ始めたのだ。

そして、
MUFGの決算書を読むと分かる通り、
貸出金の先が、
海外、特にアメリカなのだ。

10年近く前、
黒田バズーカで日本国内の金利が下がる中、
MUFGは海外の金利の高いところにお金を貸し出した。
そこで、
貸出金利息が増えたのである。
(実は、今回の米国長期金利上昇以前から、
貸出金利息は増えていた。)

そして、
有価証券に関して。
日本国債に関しては、
日銀がどんどん買い取っていったため、
MUFGの持ち分は減っていた。
その分、為替のリスクはあるものの、配当の大きなアメリカをはじめとする海外の証券を持った。
これも功を奏し、有価証券利息も増えているのである。

なお、
”銀行の銀行”である日銀への現金預け金は前期末で78兆もある。
これほどのお金を海外に貸し出せば、大きな収益になる可能性も持っているのだ。

なぜこれほどの預金に繋がるお金がMUFGにあるのか、と言うと、
地方銀行からメガバンクに移行されている、という背景もあると思う。
銀行はどんどんメガバンクへの集約化していく流れにある。
地方でお金を預けていたご老人が亡くなり、
その子孫に相続した場合、
もともとメガバンクを使っている比率が高いから、
そこでもお金が地方銀行からメガバンクに流れるし。

そういう意味でも、
私が以前から目をつけていたMUFGの価値は非常に高いと思う。

ある程度 株に詳しい人なら こういうことはわかるので、
MUFG業績向上への期待値が上がり、
株を買う人が増え、
株価が上がっているのだろう。

何しろ、
株価は期待値で決まってくる。

配当性向 58%程で、かなり株主思いであり、
余裕もある。
2019年6月1日の記事に書いたとおり、
「銀行に貯金するよりも銀行に投資する」スピリットで これからも投資したい。

P.S.

MUFGの株価急騰、
保有分は上がって嬉しいが、
追加購入がしにくくなるのは悔しいところだが…(汗
まあ、いくら米国長期金利が上昇しても、
円高が進んだタイミングではサゲるだろうから、
そこを狙おう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です