株価は上がり続けることもなければ、下がり続けることもない

最近、急速にアゲた株価だが、
昨日から今日にかけてはサゲている。

株をやっていて思うのは、
株価は上がり続けることもなければ、下がり続けることもない
ということ。

急速に上がっている時には、
「このまま上がり続けるので、今買っておかないと買えないくらいの価格になってしまいかも」
とか
「今買っておけば、さらに上がるから差額で儲かる」
などと思って、飛びつきがちだが、
そのままアゲ続けることはなく、どこかのタイミングでサゲ始める。

逆に、
株価が下がっているときには、
「このまま下げ続けると、持っている株が紙切れのようになってしまうから、今売っておかないと」
などと思って、狼狽売りしてしまいがちたが、
その後、アゲ始めることになる。

しかも、
そのアゲとサゲの変化は、
意外とスグにやってくるもの。

・・・

私なりの失敗例としては、

GWの頃に、
「このままアゲ続けるかも」と思って、
飛びついて買ってしまったことがあったが、
この直後にサゲた…w

ということが思い浮かぶ。

一方、
狼狽売りした方が良かった場面も1回だけあり、
それが、今年2月頃のコロナショック当初。

まあ、こんなことは10年に一度あるかないかのレアケースだと思うが。

この時は、通常モードで考えていたので、
いよいよヤバくなる時まで所有していたが、
MUFGが500円台だった段階で一度売っておくべきだった場面。

その後、300円台までサゲたが、
今では、また500円に届こうとしており、
ホント、
「株価は上がり続けることもなければ、下がり続けることもない」
と実感。

だからこそ、
上手く波に乗って、タイミング良く、売り買いすれば、
資産を増やすことができる。

そして、
メインの目的である配当金のアップを効果的にすることに繋げることができる。

・・・

最近の傾向で言うと、
コロナが騒がれて株価が暴落した時は「買い」で、
ワクチン開発でアゲた時は「売り」で利確、
このパターンが効果的かと。

一般人は、この逆をやってしまうから損するのであるw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です