Final Cut Pro Xで動画を取り込んだ際、なぜか”白飛び”してしまう場合の解決方法

Final Cut Pro Xで動画を取り込んだ際、なぜか”白飛び”してしまう場合の解決方法

動画編集する際、
某仲間が撮ったものを編集しようとして、
Final Cut Pro Xに取り込むと、
なぜか”白飛び”してしまう、
という状況が起きていたのだが、
今日、ようやく、原因と解決方法を見いだせた。

この動画が、
iPhone12等で「HDR動画撮影」したものであり、
頂いた状態では通常の見え方をしているのだが、
Final Cut Pro Xに取り込んだ途端、
明るすぎる表示になってしまっていた。

↓このように…

これは、
Final Cut Pro Xの設定を若干変更するだけで、
スムーズに正常な明るさ表示にすることができる。

方法は・・・
Final Cut Pro Xで動画を取り込んだ際、なぜか”白飛び”してしまう場合の解決方法

・Final Cut Pro Xのタイムラインに動画を追加

・情報インスペクタを表示

・一般と表示されている部分をクリック​​し、
「設定」を選択

・「色空間の上書き」がデフォルトではオフになっているので、Rec.2020に変更

これで、
白飛びが元に戻る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です