「コロナで実体経済は低迷している中、株価がなぜ高騰しているのか」について

株価が高騰している。

まあ、アメリカの大統領選が落ち着き、
追加経済政策が発表されたことで、
アメリカの株価が上がっており、
連動して日本をはじめ、世界的に株価が上がっている、
という要因が強いが。

ただ、今回以前から株価は高騰傾向にあり、
「コロナの猛威によって世界的に実体経済が低迷している中、
なぜ、これほど、株価が上がるのか」
という疑問を感じている人も多いと思う。

ざっくりと説明すると、
株価が高騰しているのは、
その企業の価値が高まっているというよりも、
お金の価値が下がっているからである。

コロナによって実社会でできることの幅は狭まっている一方で、
経済対策によりお金は大量に供給されているからこそ、
お金の価値が下がるのである。

使いみちに困ったお金は、
確実な資産などに向かい、
株の購入にいきつきやすく、
株価は上がる。

・・・

昨年の2月とか3月頃、
コロナの噂が広まり始め、
株価の暴落が始まった時、
株価がさらに急落すると予言していた株評論家や政治家がいたが、
これぞ、素人の考えというものであるw

緊急事態宣言が出る直前は、
不安で株価が下がるが、
出た以降は、むしろ上がるのである。

・・・

だからこそ、
低迷しているチャンスに買い、
高騰を狙っていくのが賢い行動だと思う。

・・・

一方、このまま実体経済と株価が乖離したまま進行するか、
というと…
しばらくは、このまま進行すると思うが、
実体経済が本当にヤバくなってきた時、
株価にも悪影響は出るタイミングが来るかもしれない。

数年は先のことだと思うけど、
その時の対処法は…
そうなる直前に 一旦、売却してから安く買い戻す、
ということかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です