ミスiD2022卒業式を撮影

ミスiD2022卒業式を撮影

今日は、
ミスiD2022卒業式の撮影。

会場は、
講談社 本館6階にて。
2019年11月の時と同じく、本体で。

卒業式時は、
会場の最後方から撮ったので、
買ったばかりの超望遠レンズが役立った。

▼こういう位置関係での撮影

ステージ上の受賞者の顔にフォーカスできるし、
瞳オートフォーカスも効いた。

そうそう、
今回、導入したばかりのα7Ⅳはまだ使わず、
α7ⅲで撮影した。
(超望遠レンズがコンパクトな方とはいえ、
それでもそれなりに大きく重いので、
買ったばかりのカメラごと三脚から倒れたら…
と思ってw、念の為。)

超望遠レンズは、
F値5〜6台だが、
これほど望遠だと立体感も出るし、
背景ボケも効く。

卒業式後に、
ステージ前にて受賞者の囲み取材があり、
近距離で撮影。

▼こういう位置関係

ここでレンズを28-75mmに付け替えた。

受賞者全員を映すとなると、
近いとはいえ、若干ヒキになるし、
撮影用のボードが受賞者のすぐ後ろにあったため、
背景ボケを作りにくく、
立体感の演出が難しかった。

そして、
映像も撮ったのだが、
気づいたことがある。

それは、
シャッタースピード 1/50にすると、
フリッカーが消えるが、
50の倍数だとフリッカー点滅する、
ということ。

そうか、
1/50ぴったりにすればいいのか。
以前、どこかで倍数ならOK的な解説を見た気がしたが、
それはガセだったようだw

余談だが、
受賞者に白桃さんがいて、
新鮮だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。