「SONY α7IV」&「ZEISS Batis 2/40 CF」is MY BEST

2022年3月26日、渋谷にて。撮影:SHUN RocketDive

先週末に手に入れた新カメラ「SONY α7IV」に、
お気に入りのレンズ「ZEISS Batis 2/40 CF」をつけて、
渋谷の街を歩きながらテスト撮影。

2022年3月26日、渋谷にて。撮影:SHUN RocketDive

2022年3月26日、渋谷にて。撮影:SHUN RocketDive

「SONY α7IV」&「ZEISS Batis 2/40 CF」の組み合わせでの撮影は、
順調だ。

α7IVは、α7ⅲ以上に色彩豊かな表現ができると感じるので、
Batis 2/40 CFの良さをさらに引き出してくれる。

このレンズ、Batis 2/40 CFは、
寄れることによりダイナミックな表現ができるところが、
本当に気に入っている。

寄ることにより、
被写体以外の背景を思いっきりぼかすこともできる。

そして、
F値低めのレンズ開放で撮る時、
自分の視点が赤ちゃんになったような、
開放感というか快感がある。

このレンズを私のメインレンズにしていこうとキメた。
心中してもいいと思うくらい気に入ったw

そして、
私のメインカメラをα7IVにすることもキメた。

2022年3月26日、渋谷にて。撮影:SHUN RocketDive

2022年3月26日、渋谷にて。撮影:SHUN RocketDive

渋谷センター街入ってすぐのところにある老舗 中華料理屋 白鳳にて。
芸術的に映せる。

映像も撮ってみたが、
1/50だとフリッカー現象もなく、
しっかり映せた。

写真と映像が別々の独自設定にできるので、
映像のSS(シャッタースピード)は、
常に1/50にしておけるので、
快適。

続いて、
白鳳の北側入り口の向かい側にある、
西武のショーウィンドウ越しに、
MANUAL FOCUSで撮影。

手前のロゴと、
奥の照明、
それぞれにフォーカスしてみた。

2022年3月26日、渋谷にて。撮影:SHUN RocketDive

2022年3月26日、渋谷にて。撮影:SHUN RocketDive

2022年3月26日、渋谷にて。撮影:SHUN RocketDive

2022年3月26日、渋谷にて。撮影:SHUN RocketDive

そして、
大好きなマンフロットの三脚も、
寄ってロゴ強調して撮ってみた。

マンフロットの三脚。2022年3月26日、渋谷にて。撮影:SHUN RocketDive

マンフロットの三脚。2022年3月26日、渋谷にて。撮影:SHUN RocketDive

左側に中心を配置する構図を
試してみた。

・・・

私が探し求めていたレンズを見出した。

しかも、
カメラも素晴らしい。

ひとまず、
私もレンズ探しの旅は終わった。
ここがゴールである。

今後、新たに購入するとすれば…
同じ機能があって もっと小型とか、
同じ映りでズームもできるとか、
同じ映りで、SONYのカメラの機能をフルに発揮できる純正とか、
そういうものが出た際には検討する場面もくると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。