葉山飛行(3):長者ヶ崎でDRONE空撮

長者ヶ崎(葉山)DRONE空撮写真

前回の記事の続き>

「葉山でドローン飛行するなら長者ヶ崎!」
と、私は行く前から決めていた。

人口密集地区から外れた最初のエリアだし、
この岬として突き出ている地形も、
撮影するにはピッタリそうだと。

この岬は、葉山町と横須賀市との境に位置していて、
(実際には、この南まで”葉山エリア”としてとらえられているが。)
岬は落石の可能性もあるので立入禁止である。
だからこそ、一層DRONEで撮ることの価値も高い。

ちなみに、
長者ヶ崎という地名の由来は、
昔、この辺りに長者が住んでいたことだそう。
その長者が、木の実を蒔き苗を育て浜・山に植え、
それが茂り、その山を”葉山”と名付けた、
という説もある。
(”葉山”の名前由来は、説がいくつかある。)

自転車で国道134号線を南に向かって進んでいくと、
右手に「長者ヶ崎海岸 入口」という看板を見かけて、
その道は海へと続いていた。

長者ヶ崎海岸

海へと続く、こういう細い小路は、
いつ見てもワクワクする。

その先に向かってみると、
晴天だったこともあり、
多くの方々が海水浴を楽しんでいた。

長者ヶ崎海岸

長者ヶ崎の岬から見て、
葉山側は「長者ヶ崎海岸」で、長者ヶ崎・大浜海水浴場として海水浴客が集まる。
「海の家なぎさ」という海の家も開いていた。

素晴らしい場所なのだが、
海水浴客もそれなりにいるので、
DRONEを飛行させるには、
すこしリスクがある。

ということで、
再度、国道134号線に戻り、
すこしだけ南側に進んでみた。

大きな駐車場があり、
そこに自転車を止めて歩いてみると、
大きな「長者ヶ崎 海水浴場」という石碑のようなものが立っていた。

長者ヶ崎

その先から南を見渡してみると、
実に”ドローン映え”しそうなSPOTが広がっている。

長者ヶ崎

駐車場のベンチに荷物を置き、
DRONEを飛ばしてみると、
実に美しい映像が撮れた。

長者ヶ崎(葉山)DRONE空撮写真
長者ヶ崎(葉山)DRONE空撮写真
長者ヶ崎(葉山)DRONE空撮写真

エメラルドグリーンに輝く葉山の海に浮かぶボートまで見えて、
とても美しい。

さすが、葉山!
そして、
さすが、DJI AIR2Sの高画質!

実に素晴らしいSPOTなのだが、
この駐車場が岸壁の上にあり、
海風もそれなりに受けるし、
操縦技術的には上級者向けかも。

実際、
私は途中でDRONEを見失いかけてしまって(汗、
一瞬、焦ったが、
「REURN TO HOME」ボタンを押して、
無事にDRONEが戻ってきた。

途中、
送信機の右の操縦が効かないかも、
とも感じたのだが、
これは初歩的な理由で、
操縦開始時にスマホ画面の浮上マークの上にあるコンパスのマークをタップしてしまったことで、
何かの制限がかかっていたことのようだった。

ということで、
もう少し先(南)にある、
海岸沿いに降りて、
安全に飛行させることにした。

長く広い海岸線(秋谷海岸)が続いていて、
しかも、人がほとんどいなく、
飛行には最高のSPOTだ。

葉山の海岸

※ちなみに目の前に見えている建物が、
前記事で書いたレストラン「PLAGE SUD(プラージュ・スッド)

葉山の海岸でドローン飛行

長者ヶ崎の岬から見て、
葉山側は「長者ヶ崎海岸」として海水浴向けだが、
横須賀側には「秋谷海岸」としてサーフィン向けである。

この秋谷海岸の砂浜、
一時は海岸の侵食が進んで砂浜が減少した時期もあったようだが、
養浜により、現在は砂浜が回復している。

DRONE DJI AIR2Sを飛行させてみると、
実に快適に海面やや上を進んでいける。

三戸浜で飛ばした時よりも長距離進められた。

DJI FLY appで飛行履歴を見てみると、
462m程 進めていた。

DJI FLY appで飛行履歴

三戸浜の時の飛行履歴を見てみると、
130mくらいだったから、
今回、かなり進化できた。

そして、
晴天だったこともあり、
海と空の青が際立って、
実に美しい映像が撮れた。

6月26日の時は曇っていたため、
グレーの海と空で、ちょっと映えないものだったがw、
今回は最高だ。

”モノクロの世界”から、
一気に”カラーの世界”へと変化した感じ。

映像編集もできたら、
YouTubeやInstagramで公開して、
視聴者を驚かせたい。

P.S.

▼長者ヶ崎での映像UP!!!

▼秋谷海岸での映像もUP!!!

▼YouTube Channel
https://www.youtube.com/channel/UCDDMXGsoqUu9vlB9GclD_rg
▼Instagram
https://www.instagram.com/shun6999/
▼Twitter
https://twitter.com/shun699

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です