岸田総理発言で株価リバウンド

株価チャート

今朝の東京株式市場は、
先週の暴落から一転、
大幅にリバって、
高騰している。

岸田文雄首相が昨日10月10日のフジテレビ番組にて、
「株式の配当や売買にかかる金融所得課税を当面は強化しない考え」を表したので、
その効果が出ているかと。

総理も岸田ショックが気になっていたのだろう。

もちろん、
アメリカの影響などもあるのだが、
それ以上に極端な動きをしており、
それは、岸田総理の発言の影響は大きいと思う。

それから、
その動きに乗っかった海外投資家の動きの影響。
先週、大きく売ってからの買い戻し、
という筋書き通りの展開を実施。

日本の個人投資家としては、
このあたりの動きを的確に読んだ動きをすることが大事だと思う。

今後も、
中国の恒大危機や米国の動向などの影響もあり、
まだまだサゲる局面は多いと思う。
それを”買い場”として上手く活用したい。

P.S.
円安

一方、
「円安」がすごい勢いで加速している。

円安には一長一短あり、
日本の商品やサービスを海外に売って行くには良いが、
海外のものを買う際にはマイナスである。

これから冬に向かってエネルギーを買うことを考えると、
割高になる懸念はある。

原油の価格も異常な程上がっている。
石炭や天然ガス等、エネルギー資源価格の高騰は、
急速な脱炭素の動きの影響も大きいと思う。
世界的な”資源インフレ”へ…

スタグフレーションの足音が迫っているのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です