恒大危機は、絶好の”買い場”かも

株価チャート
株価チャート

先日、
恒大危機 〜世界中で株の大暴落が来るかも
と書いたように、
先週の後場終了後、
日経先物はサゲ続け、、

今日の東京株式市場が開くと、
案の定、
大幅にサゲた。

菅総理退任で株価爆上げモードで、
アゲアゲ相場だったため、
久々のサゲに感じる。

”買う視点”で見ると、
歯がゆい状態が続いていたが、
ようやく”買い場”がやってきた、
という感じ。

私自身、
このまま大暴落し続けるとは思わず、
むしろ、”押し目”だと感じたので、
このピンチをチャンスとしてとらえ、
保有するMUFGを追加購入。

まあ、
サゲたとはいえ、
ずっと高騰していたため、
今でも、それなりに高いのだが。

そして、
後場が終わると、
早くも、先物が高騰しはじめた。

株価チャート

やはり、この危機は、単なる”押し目”であり、
”買い場”であったのかもしれない。

まあ、
恒大危機は残っているので、
もう一度暴落するかもしれないし、
しばらくは、どうなるかわからないが、
サゲたらサゲたで、
追加購入していけばいい。

余力はまだ残している。

P.S.

その後、
MUFGに関するNEWSが入ってきて、
傘下の米地銀をUSバンコープに売却とのこと。

金融のデジタル化が進む中で実店舗が重荷になっていたことが要因で、
いいタイミングでの売却かも。
ユニオンバンクの大企業・法人部門は売却せずに残すようだ。

売却で得られる資金は1兆円で、
株主還元や収益力強化に充てる予定とのこと。

株主としては嬉しいし、
株価的にもアゲ材料になるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です