DRONEで使うmicro SD CARDについて

SanDisk ( サンディスク ) 64GB Extreme microSDXC

私が愛用しているDRONE (DJI AIR2S)で使うmicro SD CARDを、
新しい種類のものにした。

64GB Extreme microSDXC SDSQXA2-064G-GN6MA

型番は、
SanDisk ( サンディスク )
64GB Extreme microSDXC SDSQXA2-064G-GN6MA


DJIが推奨しているmicro SD CARD一覧に入っており、
4K画質のデータのやり取りに耐えうるのだろう。

・・・

今までは、
私は もう1ランク下のものを使っていて、
それでも十分撮影ができてはいたのだが、
APP(DJI FLY)上で注意メッセージが出ていて、
気になってはいた。

▼「SDカード低速度。カードを交換してください。」というメッセージ
DJI FLY- 「SDカード低速度。カードを交換してください。」というメッセージ

どうやら、
今まで私が使っていたmicro SD CARDが、
2Kレベルくらいまでが限度で、
4Kレベルには、もう1ランク上のCARDが必要なようだ。

家電量販店のmicro SD CARDが並んでいる棚を見てみると、
▼こんな感じで区分けされている。
micro SD CARD

SanDisk 64GB Extreme microSDXCは、
4K向けと書かれており、
今まで使っていたものは、
2K向けと書かれている。

・・・

micro SD CARDを新しいレベルのものにしてからは、
DJI FLYで注意メッセージが表示されなくなったので、
今の状態が的確なのだろう。

4K対応のmicro SD CARDは、
家電量販店で買うと、
64GBのもので¥7,600くらいして、
価格が高めなのがネックだったのだが、
海外の並行輸入品であれば、¥1,800くらいで買える。

これなら、
撮影する度に取り替えていても対応できる価格帯。

今まで使っていたレベルのものが、
家電量販店で¥4,900くらいしていたので、
レベルは上がって価格は安くなったw

SD CARD代で浮いたお金を、
様々な体験行動に当てると有意義だろう。

まあ、
録画したmicro SD CARDのDATAを、
SSDに入れつつ、空にして、
使いまわしていけばコスパ的には最高なのだが、
念の為、micro SD CARDにもDATAを残して保存しておければ、
二重バックアップになり、
安心できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です