スマホで撮影した「縦」動画をPC(Mac)で「横」向きに変換する方法

スマホで撮影した「縦」動画をPC(Mac)で「横」向きに変換する方法

スマホ(iPhone)で撮影した動画を、
PC(Mac)で編集しようとすると、
「横向き」で撮ったつもりが「縦向き」に表示されることがある。

この「縦向き」の動画を「横向き」に変換したい場合、
Finalcutに読み込んでから変換しようとすると、
向きを変えることはできるものの、
縦に設定されたまま向きだけが変わるので、
動画の中央だけが小さな画角で映ったようなものになってしまう…

この場合、
Finalcutで読み込む前に、
MacのAPP「QuickTime Player」で変換するとスムーズ。

方法は・・・
変換したい映像データを、
QuickTime Playerで開き、

「表示」メニュー>「クリップを表示」と進み、
クリップを選択し、
該当クリップが黄色の枠で囲まれた状態に。

MacのAPP「QuickTime Player」で変換 「表示」メニュー>「クリップを表示」と進み、 クリップを選択し、 該当クリップが黄色の枠で囲まれた状態に。

そして、
「編集」メニューから、
クリップを回転したい方法を選び、
・時計回りに回転
・反時計回りに回転
・水平方向に反転
・垂直方向に反転

回転後、
「完了」をクリックすればOK!

スマホで撮影した「縦」動画をPC(Mac)で「横」向きに変換する方法

この状態で、
Finalcutで通常通り、編集デキる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です