WordPressで「パーマリンク」に「カテゴリー名」を追加する方法

WordPressで「パーマリンク」に「ジャンル名」を追加する方法

記事のURLに関して。

メディア運営において、今までは すべてのサイトで「パーマリンク」=「投稿名」にしてたのだが、
場合によっては、「パーマリンク」=「カテゴリー名」+「投稿名」にした方が良いケースもあるな、
と思うようになった。

1箇所のサイトで、ニュース配信やコラムなどを混在させた方が、読み手にとってまとめて探せるのでイイのだが、
Google Newsなどに配信する際、コラムなどはニュースにならないので、分ける必要がある。
この場合、パーマリンクを「ドメイン+カテゴリー名+投稿名」に設定してあれば、
「ドメイン+ジャンル名」までで条件指定し、このジャンルだけでNews配信設定すればいい。

近々、母体となるサイトでやってみようと思っている。

で、
WordPress(ワードプレス)で「パーマリンク」を「カテゴリー名+投稿名」に設定する方法は・・・

管理画面の「設定」>「パーマリンク設定」へと進み、

WordPressで「パーマリンク」に「カテゴリー名」を追加する方法

カスタム構造」を選び、
そのスグ下に表示されている「利用可能なタグ」候補から、
/%category%/%postname%/」を選べばOK!

WordPressで「パーマリンク」に「ジャンル名」を追加する方法

なお、
「カテゴリー部分」(/%category%)の名前はわかりやすくシンプルに設定しておきたい。

設定の仕方は、
WordPressの「投稿」項目の中の「カテゴリー」から設定。
ここに「名称」以外に「スラッグ」という項目があり、
こここでの設定が「URL」に反映されるので、
ここをシンプルにわかりやすく設定すればOK!

そして、
「投稿名」(%postname%)は記事投稿画面にてURLを自由に入力できるので、そこで調整。

なお、
これはどうでもいいことかもだけど、
ジャンル(カテゴリー)ごとに表示する際、
デフォルトだと、「ドメイン+category+カテゴリー名」で表示されるけど、
WordPressのパーマリンク設定の「オプション」のコーナーで、「topics」を選べば、
「ドメイン+topics+カテゴリー名」で表示される。

WordPressで「パーマリンク」に「カテゴリー名」topics

モデルプレスが「ドメイン+topics+カテゴリー名」で表示してるので、
何かメリットがあるのかな?

まあ、個別の記事に飛んだ際には、
その「topics」表示は消えて、
「ドメイン+カテゴリー名+投稿名」になるので、
「topics」設定はどうでも良さそうだけどw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です