写真の保存先を変え、Google Photoにもアップする方法

今日は一日、TGCのカメラ台の上にいて、膨大な量の写真を撮った。

写真をたくさん撮ると、Mac本体などに蓄積していたら、すぐに容量オーバーになる。

そこで、外付けHDD(ハードディスク)に保存するようにする。
optionボタンを押しながら、写真アプリを開けば、
どこに保存するか選べるので、外付けHDDにあらかじめ作っておいた写真アプリの方を選べばOK!

ただ、この状態で、Google Photoにアップしようとすると、
選択肢の中に、この写真が表示されない。

そこで、一眼レフで撮った写真は、外付けHDDに保存するとともに、
Google Photoにアップする際は、SDカードをMacに挿して、
そこから読み込めばいい、

ということに今気づいたw

よく考えれば、
一眼レフを接続せずに、SDカードを挿せば、
写真アプリにも、Google Photoにもアップしやすい。

これから、そうしよう。

P.S.

今日の撮影を通じて、
すごくイイことを学んだ。

それは、CANONの70Dとかで、望遠レンズをつけて、F値5.6とかでも、
かなーりクオリティーの高いスチールが撮れる、ということ。

縦位置で撮った方が、より寄って撮れるし、
くるっと回すリングのようなものと三脚を組み合わせれば、
意外と、それも簡単だということ。

P.S. 2

森田さんと、3、4年越しで会えたのが嬉しかったし、
丹保さんにも偶然会って声をかけていただけたし、
帰りに挨拶した打矢さんは、とてもイイ子だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です