Macで動画トリミングするなら、QuickTime Playerがカンタンで便利!

Macで動画トリミングするなら、QuickTime Player

私が動画編集する際、
通常は、Finalcutを使っているのだが、
単にトリミングしたいだけの場合などには、
シンプルかつスピーディーに済ませたい。

そんな場合もある。

特に最近、
DRONE空撮した映像は、
ほぼ完璧で、
インスタなどにはそのまま載せたいくらい。

ただ、最初の部分だけカットしたい場合も、
よくあり、
Macでカンタンにトリミングする方法を模索してみた。

結果、
意外にも、QuickTime Playerで可能であった。

動画を視聴する際によく使う、あのQuickTime Playerで、
編集までできてしまうとは。

方法は、
・編集したい動画をQuickTime Playerで開き、
・メニューバーの「トリム」を選び、
・表示された黄色のトリミングバーで必要な部分を選び、
・名前をつけて保存する。

Macで動画トリミングするなら、QuickTime Player
Macで動画トリミングするなら、QuickTime Player

実にシンプルでカンタンだ。

これから多用していきたい。

なお、
インスタのFEED動画アップはスマホから行うので、
作成した動画をスマホに送るのだが、
Airdropがカンタンでスピーディー。

動画ファイル名称をクリックして、
共有 > Airdropを選び、
送信先は自分のスマホにすればOK!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です