Ulanziの撮影用ライトVL49 RGBを購入!コンパクトなのに明るく、様々な色合いの演出ができる

Ulanziの撮影用ライトVL49 RGB

Ulanzi(ウランジ)」というメーカーの撮影用ライトVL49 RGB撮影ライト」を購入し、昨日届いた。

”物撮り”の際の光での演出などに使おうと思って手に入れた次第。
部屋で軽く撮る時とか、大掛かりな照明を組むのは大変だが、
手軽に照らすことができそうかなと思って。

Ulanziの撮影用ライトVL49 RGB

使ってみて、これは、とっても優れものだと実感。

手のひらに収まるサイズ(約66mm x 80mm x 30mm)と、
コンパクト(小さく軽い)なのに、
とっても明るい。

LED49個なのだが、
それ以上のパワーを感じる。

そして、
様々な色合いの照明を作れる。
カラーセロハンなしで自由自在。
しかも、色合いを細かく微調整でき、
アートな演出に役立つなぁ。

ノーマルな色合いも創れる。

しかも、
価格も安い。
三脚もセットで2,500円くらいだった。
amazon primeで翌日届いたし、
イイ時代だなぁ。

なお、
このライト、コンパクトで軽い分、
乾電池は対応せず、充電式オンリータイプ。
その充電用コネクターが「Type C(タイプC)」で使い勝手がイイ。
ワイヤレスマイクシステム・RØDEの「Wireless Go」もタイプCだし、
いろいろなものがType Cに集約できれば、
バッグに入れて持ち歩いてるケーブルも集約でき、
快適。


各ボタン役割は、
左から

・USB-C 充電ポート
・DOWN↓
・UP↑
・切り替えボタン
・電源スイッチ


前からも後ろからも照らしてみたいので、
もう1つ注文した。
後ろからはブルー、
前からは通常、
などで演出してみよう。

Ulanzi(ウランジ)のライトを三脚につけて

Manfrottoの三脚につけて、
狙った角度で被写体を照射!

・・・

この「Ulanzi(ウランジ)」というメーカーは中国発のようなのだが、
最近は、撮影関係で、中国から有意義な商品がたくさんリリースされているなぁと実感。
ドローンやジンバルで有名な「DJI(ディー・ジェイ・アイ)」もそうだし、
ストロボの「GODOX(ゴドックス)」もそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です