GoProを手に入れ、撮影表現の幅を拡大!

GoPro HERO9 Black

今日、
アクションカメラ「GoPro(ゴープロ)」を買った。

機種は、
GoPro HERO9 Black

昨年秋に発売された機種で、
おそらく、まもなく次の機種が発売になるが、
現時点では最新機種。

アクションカメラとしてメジャーな、GoPro。

衝撃に強く、
ブレにくく、
しかも、CONPACTで、
携帯しやすいのが、
魅力だ。

ずっと気になってはいたものの、
今までは、私にとっての使う用途があまりなかったため、
手にせずに来たのだが、
最近、用途が見え始めた。

というのも、
DRONE飛行で、自然豊かな地域に行き、
現地で自転車をレンタルして進んでいると、
その光景自体もCONTENTS化したくなってくる。

地元の和樹くんのInstagramを見ていると、
赤城山の山頂に登ったシーンの映像を、
Goproで撮って発信したりしていて、
私も使ってみようかと。

それから、
長勢茂三さんのMV(Music Video)の制作をすることにもなり、
YouTubeで前VersionのMVを見ていたら、
車でのドライブシーンの映像があり、
これを撮るには、既存のCameraではなく、
アクションカメラが必要だなと感じたのも、
理由にある。

ということで、
現時点で想定している、私のGoproの主な用途としては、
・自転車や車の走行中に前方を映す
(セットで買ったクリップを自転車のかごにはさめばスムーズだと思う)
・水中を映す
(水深10mまで対応している)
などかな。

つまり、
日常生活での通常のCAMERAでは撮りにくい撮影で使える。

私の映像では、
DRONEでの空撮をメインにしたいが、
アクセントとして”水中”での映像も、要所要所であると、
さらにイイ。

”空”の対極にある存在として、
”水中”。

この大きな振り幅があるからこそ、
お互いが引き立つ。

撮影表現の幅を拡大できるのは、
ホント、有意義だ。

DRONE飛行しに行く楽しみも、
2倍になる。

セットで、
保護シールと、
マグネット式のクリップも購入。

P.S.

今日、Bic Cameraで購入したのだが、
店員さんの対応が改善されており、
安心した。

P.S.2

”自転車YouTuber”で視聴者をたくさん集めている方もいるくらい、
”自転車で撮影した映像”は、有効なCONTENTSかも。

P.S.3
2021.9.15

GoProを手にして1ヶ月半程経ち、
上記に加えて、
新たな魅力を見出した。

CINEMATIC MODEで普通に撮った映像が、
実にキレイなのだ。

三浦海岸のHOTELで撮った朝焼けでも実感したし、
海辺で撮った映像、
フェリーで撮った映像、
などなどでも実感。

旅しながら撮る映像は、
GoProがイイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です