DRONE 操縦&撮影練習/DJI AIR2Sのカメラレンズの向きの調整方法、録画方法を実践MASTER

DJI AIR2S 送信機

6月20日(日)。

今朝、
雨が上がったので、
DRONE(ドローン)の操縦練習をしてみた。

今日は、
初めて、やや上空まで上げてみたが、
気持ちいいなぁ、やっぱり。

・そこまで操縦するのが快感なのと、
・そこからの景色を撮った映像を見るのも快感。

やはり、
自らの”日常”を脱する世界へと挑戦することが、
感動をもたらしてくれるのだろう。

そして、
・上空からカメラレンズを調整して撮ることと、
・録画する方法
を初めて実践してMASTRERデキた。

以下に備忘録的に”方法”を書いておく。

カメラレンズの向きの調整

ドローン空撮をする上で、
カメラレンズの向き(角度)の調整も大事なPOINT.

横の動きは機体の向きで調整するが、
縦の動き(チルト)はカメラレンズで調整する。
縦の動きまで機体でやってたら大変なことだからw

で、
カメラレンズの向きの調整は、
送信機 左上の側面にあるダイヤルで行う。

DJI AIR2S 送信機

軸にシンプルでカッコいい。

ダイヤルは横に動かすが、
レンズの動きは縦軸の動きである点に慣れれば、
スムーズに感じられると思う。

主な使い方としては、
(1)進行方向を正面で撮る場合と、
(2)上空から真下を撮る場合だろう。

写真&動画の撮影方法

スマホで調整する方法もあるが、
DRONEや画面を見ながらスムーズに操作するには、
やはり、送信機のボタン一発でカンタンに操作するのがベストかと。

送信機右上のボタンで、
写真か動画かを切り替え選択して、
送信機右上側面のボタンで、
撮影開始をする。
(写真であればシャッターであり、
動画であれば、録画スタート)

DRONE・DJI AIR2Sの送信機

私のDRONE・DJI AIR2Sの送信機。ここにもARMANIのイーグルマークを貼った。

DJI AIR2S 送信機 撮影ボタン

映像撮影を停止する場合は、
もう一度ボタンを押せばOK!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です