書籍を出版することの意義

BOOK

ネットが発展し、
WEBサイトで様々な情報を読めるようになった今の時代、
10年以上前の頃に比べると、
「書籍」の存在意義は、あまり感じられないようになってきている。

「読む側」の立場としては。

一方、
「書く側」の立場としては、
異なった意義があるかも、
と、今日、ふと思った。

WEBサイトでいくら執筆しても、
そのWEBサイトが終われば、
その内容も消える。

たとえば、
自分が運営しているサイトであっても、
自分が亡くなり、サーバ代やドメイン代を支払わなくなれば、
消えるのである。

WEBサイトで書いていたこと自体は、
読んで頂いたり、共有したりする意味では、
とっても広がりがあり、
有効な手段だが、
その「作品性」というか、「所有権」としては、
弱い。

一方、
自ら著者として書籍を出版しておけば、
それは、カタチとして残る。

単に紙の本というカタチとしてだけでなく、
Kindle版であったとしても、
「実績」としてのカタチとして残るのだ。

そう考えると、
出版することの価値は、
まだまだ高いし、
これからも残り続けるのではないだろうか。

そして、
私自身、出版もしてみたいな、
と、ふと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。