円高へとチェンジすることの株価への影響

為替

今週の東京株式市場は、
昨日・月曜日沿早々(2月8日)のはバク上げから始まった。

ワクチン接種の具体的な予定が見えたので、
買いが集中したのだ。

一方、
最近、円安傾向だった為替(ドル円)は、
円高方向へとチェンジした。

先日までアメリカでワクチン接種が先行して日本では遅れていたため、
ドルが強かったのだが、
日本でもワクチン接種のスケジュールが見えると、
円も強くなってくる。

日本の株価的には円安のほうが有利だから、
今後は、サゲ要因となる。

このように、
プラスのニュースがあれば単に株価もアゲるという単純なことではなく、
マイナス要因にもなるのだ。

実に奥が深い…

コロナ自粛により株価が上がり、
自粛解除で下がったりするのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です