MV(MUSIC VIDEO)の重要性が高まる時代

MUSIC VIDEO(MV)って、
今まではMUSICの為の”おまけ”のような位置づけで捉えられがちだったように思う。

MUSIC(音楽)が主体で、
MUSICが流れている間のBGV的な…w

ただ、
これからの時代、
MVの映像の重要性が高まる
と、私は感じている。

要因はいくつも重なっているが、
その核心にあるのが
「INTERNETの普及」である。

さらに言うと、
・BROADBANDの普及であり、
・SNSの普及である。

これにより、
MUSICがINTERNETを通じてカンタンに流通するようになったので、
ユーザーが、MUSICそのものはスグに手に入れられるものと考えるようになる。

MUSICに付加価値をつけるためには、
VIDEOも組み合わせて魅せることが求められるようになる。

MUSICとVIDEOは、
とても相性がイイ。

そして、
VIDEOが、YouTubeを始めとしたMEDIAで見やすくなっており、
世界的に視聴できる環境が整っている。

今までのパッケージを介さない分、
急速に多くの人に届けられる。

これからの時代のヒットの基準は、
パッケージの売上ではなく、
YouTubeの再生回数にしたほうがいいくらいだ。

それから、
視聴者にとって、
INTERNET・BROADBAND・SNSの普及により、
視聴できるCONTENTSが爆発的に増えていき、
一つのDRAMAを長時間かけてじっくり見るよりは、
短時間で完結するMVの方が見やすくなる。

MVの中で”3分のDRAMA”が演じられれば、
スキマ時間への親和性も高い。

まさに”短編映画”である。

ということで、
DRAMAや映画のようで、
美しく、
劇的な映像を作ることの価値が高まっていくと思う。

私自身、
せっかく映像制作もできるので、
このあたりも力入れしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。