テコの原理

タレントをプロデュースする際、
「それぞれの道の専門家に任せれば、飛躍的に物事が進む!」
ということを最近、あらためて実感した。

進め方は、こうである。

まず、自ら”旗”を上げる。

そして、
その旗の元に賛同して集まってくれた人と連携する。

それぞれが、自分のプロジェクトの何の分野に役立つかを見極める。

分野ごとに部門をたくさん増やしていき、
それぞれの分野に、その道に精通した責任者を置く。

あとは、
それぞれの責任者に頑張ってもらうだけである。

こうしてプロジェクトは大きく動き始める。

・・・

日本人は、自分の力で働いて…という考え方が根底にある民族だと思うが、
この発想をしていては、いつになっても鳴かず飛ばずかと。

むしろ、
この日本人の発想を逆手にとって、
頑張らせるのに活用しよう。

ほとんどの人が労働者的発想の人たちばかりだから、
日本は、テコの原理を使いやすく、
カンタンに成功しやすい国である、
と言ってもいいのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です