DRONE・DJI AIR2SにPropeller Guards(プロペラガード)を接続!但し、いつもつけるものではなさそう

DRONE・DJI AIR2SにPropeller Guards(プロペラガード)

昨日購入したDRONE(ドローン)「DJI AIR2S(エアー2エス)」の、
Propeller Guards(プロペラガード)が届いたので、
早速、取り付けてみた。

店舗になかったため、
昨日、Amazonで頼んだのだが、
ホント、Speedyに届いて助かる。


↑DJI Mavic Air 2用だが、
AIR2Sでも使える。

DRONE・DJI AIR2Sに、Propeller Guards(プロペラガード)をつなぎこむPOINTは、
「上下をつなぎ合わせてから、ドローン本体に組み合わせる」
という点。

上下をつなぐ前に、それぞれ本体と組み合わせようとすると、
意外にも上手く組み合わされないので。

このPOINTさえ守っていれば、
超スムーズにつけられる。

・・・

解説書を読んでみると、
「プロペラガードは、無風の状態か室内、または、低速で飛行する場合にお使いください」
と書いてある。

いつもつければイイのかなと思っていたが、
実際は、風がある時やスピードを出す時などは、
外したほうがイイ、ということだろう。
風を受けて機体が飛ばされるリスクも出てくるし…

室内などの近くで飛ばす時に、
ぶつかった時のリスクに備えてつけるものであって、
デフォルトでは外して使うものかも。

実際、ドローンを使ってみて、
使う前に警戒していたほど、危険ではないと実感したし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です