日本株高騰のシナリオ

来年あたりは、
日本株の株価が高騰していく可能性がある。

背景として、
コロナ収束化に伴い、
欧米でテーパリングが始まり、
高騰を続けていた株価がサゲ始める。

一方、
日本では、
当面、テーパリングは行われず、
金融緩和が続き、
株価はアゲる。

円安にシフトするだろうから、
お得に買いやすい。

割安感もある。

海外投資家は、
そこに旨味を感じ、
日本株の投資のウェイトを上げて、
買い増ししそう。

これにより、
欧米の資金が日本へと流れ、
さらに、株高へと向かう。

菅総理退任による新政権への期待、
ワクチン浸透によるコロナ収束への期待、
も、株価上昇に繋がる。

まずは、近いうちに、
日経平均が年初来高値をつけるだろう。

しかも、
MUFGのようにアメリカの金融資産を持った企業にとっては、
金利上昇により収益が増え、
2重に価値が高まり、
株価が上がるのではないだろうか?

日本の総裁候補が語っているように、
物価上昇目標もあり、
今よりも未来のほうが価格は上がる。
早く持っておくほど有利なのである。
配当が入る期間も長く持てるし。

半年ほど前に、
ハイパーインフレが来る前に
という記事でも書いたとおり、
早いうちの保有すること。

なので、
今、日本の有望株を持っている人は持ち続けたほうがイイし、
すこしでも押し目があれば、むしろ買い増したほうがイイ。
”自称 株の専門家”的な人から暴落論や売却などを進められても、
スルーしておくのが正解。

まあ、
日本政府の方針によっては、
暴落の可能性もなくはないので、
このシナリオが現実化するかどうかは、
現時点ではわからないが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。