大光量LEDライト「GODOX ML60」をManfrottoの三脚にセッティング!

GODOX ML60(ゴドックス/小型大光量LEDライト)撮影用照明

先日、
撮影用のライトを手に入れた。

ライトの機種は、
GODOX ML60(ゴドックス)。
小型大光量LEDライトで、
高澤 けーすけさんなどのカメラマンも、
絶賛しており、
手軽で性能も良さそうだなと。


しばらくバタバタしており、
放置してたのだが、
今朝、時間があったので、
ようやく試してみた。

セッティングは、
意外にもとってもカンタン!

GODOX ML60の底部に三脚ネジの穴があり、
Manfrottoの三脚にスムーズに繋げられた。

GODOX ML60(ゴドックス/小型大光量LEDライト)撮影用照明

これで本体に電源ケーブルを接続すれば、
即使用開始できる。

試しに、
デスクの上にあったHoegaardenを照らしてみると、
とっても明るく、
さすが、これくらい照らせてこそ、
本格的な撮影ができる、
と実感。

GODOX ML60(ゴドックス/小型大光量LEDライト)撮影用照明

CAMERAの機能ももちろん大事だけど、
照明も、ホント、大事。

私は今まで、
照明までじっくりと考えられていなかったので、
これから照明もしっかり取り組み、
撮影のレベルを上げていきたい。

スチールの場合、
瞬間的に照射するストロボでイイけど、
映像の場合は、
継続的に照らす照明が必要なので、
GODOX ML60のようなライトは、
ホント、有効。

GODOX ML60(ゴドックス/小型大光量LEDライト)撮影用照明

いくつかの方向からか当てると、
より効果的な演出ができると思うので、
この照明を複数揃えていきたい。

テレ朝の映像編集部の方がYouTubeで
女優撮影の際の照明の解説をしていたのを見たのだが、
4方向くらいから当てていた。

それから、
物撮りの際は、
このライトの直あてで良いと思うが、
人物を撮影する際は、
直あてだと眩しいので、
デヒューザーも用意したいなぁ。

・・・

Godoxは中国のブランドで、
神牛と表記もする。

私自身、
ストロボで愛用してきたが、
性能が良く、費用もリーズナブルで、
コスパが非常に良いブランド。

今回のLEDライトで、
あらためて実感した。

これからも、
私のGodoxのアイテムが増えそうである。

P.S.

追加で、ソフトボックスを購入した。
Godox AD-S60S!

Godox AD-S60S LEDライト用ソフトボックス
Godox AD-S60S LEDライト用ソフトボックス

デザインもよく、
広範囲を照らせるし、
ナイスアイテムだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です