一眼レフカメラのF値低めで撮影することによる“立体感”

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷・フラミンゴ前にて(2019年4月28日)

一眼レフカメラのF値低めで撮影した写真の特徴は、
背景がボケることはもちろんのこと、
焦点を合わせた被写体に“立体感”が出ることだと思う。

この“立体感”により、すごくクオリティの高い写真になる。

特に単焦点レンズにて、F値低めで撮影すると、演出しやすい。

今までよく使っていた「Canon EF50mm F1.8 STM」にて、
これを実感していたけれど、
最近、手に入れた「Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM」でも、
結構演出できる。

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷・フラミンゴ前にて(2019年4月28日)

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷・フラミンゴ前にて(2019年4月28日)

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷にて(2019年4月28日)

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷にて(2019年4月28日)

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷にて(2019年4月28日)

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷にて(2019年4月28日)

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷・御嶽神社にて(2019年4月28日)

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷・御嶽神社にて(2019年4月28日)

ブランデーのような味わいのコーヒー/渋谷の喫茶 集にて(2019年4月28日)photo by SHUN ONLINE

ブランデーのような味わいのコーヒー/渋谷の喫茶 集にて(2019年4月28日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です