大東京帝国

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷パルコの建替工事現場の壁にコラージュされた『AKIRA』イラスト前にて(2019年4月28日)

工事中の渋谷PARCO(パルコ)・工事現場の壁に、
AKIRA(アキラ)』のコラージュされたイラストが描かれている。

『AKIRA』は、昭和時代に大友克洋さんが描いた漫画だが、
2019年の今、渋谷で大きく取り上げられるとは…

不思議なSF感溢れる、
魅力的な漫画だったな、
と、あらためて実感。

壁画の前で、
記念撮影してみた。

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷パルコの建替工事現場の壁にコラージュされた『AKIRA』イラスト前にて(2019年4月28日)

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷パルコの建替工事現場の壁にコラージュされた『AKIRA』イラスト前にて(2019年4月28日)

渋谷PARCOが完成すれば、
この壁画も壊されてしまう。

今しかない、この光景。

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷パルコの建替工事現場の壁にコラージュされた『AKIRA』イラスト前にて(2019年4月28日)

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/渋谷パルコの建替工事現場の壁にコラージュされた『AKIRA』イラスト前にて(2019年4月28日)

この漫画は、
ただの漫画ではなく、
予言めいたものがあり、
今ここで出演して、
思い出させてくれたことにも、
なんらかの意味があるのかも。

今年2019年の秋には、
渋谷PARCOは完成する。

その時、
どんなことが起きるのだろうか?

そもそもAKIRAが描かれたのが、
昭和時代でありながら、
2020年の東京オリンピックについて描かれており、
しかも、その中止騒動があることも描かれている。

昭和時代に見た近未来、
それが”今”である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です