Nikonの一眼レフカメラ本体の国内生産終了で、SONY一強時代の到来か

今朝、
「Nikon(ニコン)」が一眼レフカメラ本体の生産を年内に終了するとのニュース報道があり、
衝撃的だった。

NikonはかつてはCANONと並んで日本を代表する2強カメラメーカーであったし、
レベルの高いカメラマンが使ってきたメーカーでもあるので。

CANONはまだまだ強いけど、
どちらかというと、プリンターの印象が強まっている。

あと、
かつては、PENTAXとMINOLTAも強かったが、
PENTAXは、会社転売2回、、
MINOLTAは、コニカミノルタとなった後、SONYに売られた。

ただ、
結果的に、MINOLTAの優れた技術がSONYブランドとして生き残り、
今では、有能なカメラマンの多くがSONYブランドのカメラを使っている。

いや、
SONYのカメラを使っているから一流カメラマンになれてるのかもw

・・・

私自身、一眼レフを始めた頃はCANONを使っていて、
一昨年からSONYに乗り換えた。
この情勢を見ていると、
この選択は大正解だったように思う。

自分が使っているカメラが、
生産終了したようなカメラだと自信を持てないが、
勢いがあるメーカーのカメラなら自信も持てる。
さらに進化していく可能性も高いし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です