WordPress 5.0のエディターを旧エディターに戻せるプラグイン「Classic Editor」

Classic Editor

昨日2018年12月7日、WordPress5.0(ワードプレス5.0)が公開されました。ver.4台から5へ上がったので、大きなバージョンアップです。

今回の変動の大きなポイントは、エディターが新しくなった事。

新エディターは、「Gutenberg」(グーテンベルク)というもの。

大きなバージョンアップがあると、必ず最初に何かトラブルがあるので、私は若干ステイしているところですがw、
Yahoo Realtime検索で「WordPress5.0」と入れると、かなり多くの方が新エディタに戸惑っている模様…

「Wordpressのバージョンは5.0のまま、以前のエディターに戻したい!」という需要がたくさん生まれそうです。

その方法を調べてみたところ、
すでにその方法がアリ、
Classic Editor」(クラシック エディター)というプラグインを使えば可能!

WordPressの管理画面にて、
「新しいプラグインを追加」コーナーから、
「Classic Editor」と入力して、出てきたものをインストゥールし、
「有効化」すれば使えます!

なお、「Classic Editor」プラグインへのWordpressのサポートは、
2021年まで続くそう。

私もバージョンアップして戸惑ったら、活用してみます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です