”光”の演出

Profoto(プロフォト)のアンブレラ

撮影関連で、
今、私が最も注力しているのが、
”照明”である。

今まで手薄だったのだが、
Profotoのストロボに注目したのをきっかけに、
”照明”を軸に、写真を見るようになった。

※ ちなみに、
Profotoのストロボに注目したのをきっかけは、
6月25日の『ミスFLASH2023』撮影で、持参したGodoxのストロボにムラがあったこと、
7月3日の能條愛未さん撮影で、隣のカメラマンのお姉さんがProfotoのストロボを使っていて、
センスよく見えたこと。

マンフロットのライトスタンド、
Profotoのトランスレーターも購入し、
いわゆる”オフカメラ”での遠隔操作も可能になった。

そして、今日、
アンブレラも購入し、
より本格的に。

Profoto(プロフォト)のアンブレラ
Profoto(プロフォト)のアンブレラ
Profoto(プロフォト)のアンブレラ

光を当てる角度や強さをコントロールできる体制になってきた。

撮影において、
カメラ、
レンズ、
が重要だが、
それと並んで照明も重要だ。

とことん こだわって、
人を感動させられるレベルにもっていきたい。

Profoto(プロフォト)のアンブレラ

P.S.

それから、
レンズに関して、
”寄れるレンズが良い”と思った時期があったけど、
それよりも、”望遠レンズ”で立体感を演出したほうが、
感動的にしやすい、と気づいた。

望遠で遠くを撮るのではなく、
近くでも良いものを あえて望遠で撮り、
圧縮効果を出したり、
背景をぼかしたり、
被写体の立体感を出す、
これがプロっぽい演出になると思う。

ポートレートレンズに85mmとか135mmが多かったりするのは、
そういう理由もあると思う。

それに、
被写体の”ゆがみ”をなくすのも、
広角より望遠の方が効果あるようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。