ポイントカードは時代遅れ

コンビニとかスーパーなどでレジの列に並んでいると、
まだまだ現金払いしている方が多い…

これほど世界的にキャッシュレス化が進み、
コロナの影響もあって推奨されているにも関わらず、
日本人の情弱ぶりには驚かされる…

そして、
現金払いしている人ほど、
ポイントカードも使っているのだw
現金をゆっくり数えながら出しつつ、
ポイントカードもレジの店員とやり取りしていて、
いっそう時間がかかる.

私的には、電子マネーやクレジットを使って自動的に貯まるポイントは大歓迎だが、
数円のために わざわざ手間をかけてまでポイントカードを出そうとは思えないのだが.
むしろ、その手間を軽減するために数円払ってもいいくらいだw

一方、
理想的なレジはユニクロで採用されているもの.
無人で、レジの中に入れた商品が自動的に瞬時に金額計算される.

今後は、このパターンが普及して主流になると思う.
店にとっては店員という人件費を削減できるし、
ユーザーにとってはスピーディーに決済できるし、
お互いにとって良いから.

そして、ポイントは電子マネーやクレジットに自動加算が主流になり、
カード型のポイントカードは廃れていくと思う.

iPhoneが普及したように、
人は、コンパクトでスピーディーで快適なものの方に進むもの.

私が10年以上前に書いた記事から、日本の光景はあまり変わっていないのだがw、
情弱な日本人といえども、快適な方向に進む日は近い、と願いたい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です