エネルギー価格高騰の要因

エネルギー価格高騰の要因

原油をはじめ、
石炭や天然ガス等、
エネルギー資源の価格が、
異常な程、高騰している。

背景の一つとして、
コロナが収束しつつあり、
経済活動が活発化することに比例して、
エネルギー需要が増えたこともあげられる。

供給側が、
コロナ禍を想定して、
供給を縮小していた為、
まだ追いついていない、
という状態であろう。

これに加えて、
もう一つの背景として、
世界的に進められている”脱炭素”の動き
の影響もあると思う。

脱炭素に向けて急速な動きをしていることが、
価格高騰に繋がっているとも言えるであろう。

需要が増えたのに、
供給が2つの要因が重なって減っており、
極度のエネルギー資源高へと繋がっている。

資源の価格が高くなれば、
製造業にも影響を与えるし、
商品の価格も高くなることに繋がる。

コストが上がることによる物価の上昇は、
悪い意味でのインフレに繋がりやすく、
スタグフレーションに繋がる可能性も
あるのではないだろうか。

まあ、
この状況を見て、
供給量が増えるだろうから、
一旦落ち着くとは思うけど、
この冬、
電気料金が高騰しそう。

2021年〜2022年へ向かう今年の冬、
寒さが厳しい厳冬になる可能性も高く、
世界的なエネルギーショックが起きるかも。

——-
M: 3,600
MC: 300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。