映像における競争優位性を「シネマティックな映像美」にしよう!

SHUN(樺澤俊悟): 2021年5月2日、前橋市のケヤキ並木にて/SONY α7ⅲ. lens: ZEISS FE 55mm F1.8 35mm/撮影:SHUN

私の映像制作における”競争優位性”を「シネマティックな映像美」にしよう、
とキメた。

・・・

最近では、ネットや技術の発展で、
誰でも映像制作ができるようになったし、
YouTuberの興隆からもわかるように、
映像配信も手軽にデキるようになった。

私自身、20年近く前から映像制作も配信もしていたが、
そのままの路線では大勢の中に埋もれてしまう。

その他 大勢の人から抜きん出て競争優位性を持つには、
何かが必要だ。

そんな状況の中、
すでに持っているSONYαシリーズの素晴らしいカメラに、
ZEISSのような優れたレンズを組み合わせて撮っているうちに、
美しく、シネマティックな映像を撮れることに気づいた。

SHUN(樺澤俊悟): 2021年5月2日、前橋市のケヤキ並木にて/SONY α7ⅲ. lens: ZEISS FE 55mm F1.8 35mm/撮影:SHUN

YouTubeでカメラに詳しい方の映像を見ると、
私と同じような機材を使っている方がおり、
参考になりそうな美しい映像があった。
実にイイ世界観だ。

この機材を使って、
しかも、シネマティックな映像美を志向している時点で、
それなりの競争優位性を持てる。

これに、
企画力を加えれば、
かなり突き抜けることができるだろう。

良いカメラ機材を使っている人は一定数いるが、
企画力、ストーリー性を合わせ持った人は少ないので。

・・・

YouTubeのチャンネルも、
運営するチャンネルで映像美を表すことに加え、
自分のチャンネルでも映像美を表してみたい。

・・・

今日も、
SONYα7ⅲにZEISSの55mm F1.8のレンズを組み合わせて、
映像の記録設定を「24p 50m」で、
自然を撮ってみたら、
実にシネマティックな美を演出でき、
素晴らしさを確信した。

SHUN(樺澤俊悟): 2021年5月2日、前橋市のケヤキ並木にて/SONY α7ⅲ. lens: ZEISS FE 55mm F1.8 35mm/撮影:SHUN

ところで、
シネマティック映像の撮り方のポイントは、
・24fpsで撮影する
・背景のボケ感の演出
・色合いがZEISSレンズ的
・カメラを早く動かさない
などかなぁ。

映画のフレームレートは24fpsなので、
シネマティック=映画的な映像には、
やはり、24fps。

30fps、60fpsと、
数字を高くしていくと、
現実的な映像になる傾向があるので、
24におさえることが有効なのだろう。

まあ、60fpsで撮った映像も、
スローモーション化することによって映画的になるが、
24fpsはそのままで映画的。

P.S.

映像だけでなく、写真も「シネマティック」を意識してみようと思う。

アートな世界に溺れる。
そんな快楽的な気持ちで撮って創っていく。

P.S.2
なお、シャッタースピードの設定は、
フレームレートの数字の約2倍の数値(1/◎←この部分)が最適らしいので、
1/48がベストのようだ。
私のカメラであれば、1/48がないので、1/50。
(これくらい長めのシャッタースピードだと手ブレも気になるので、
まあ、手ブレを抑える限界と言われる「1/80」くらいまでかな。)

とはいえ、かなり光を取り込む数値なので、
屋外で撮影するには、やはり、NDフィルターが必要だな。

P.S.2
▼早速、撮って作って、私のYouTube Channelにアップしてみた.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です