SNSの発展と、芸能事務所の役割の変化

INTERNETの発展、
そして、SNSの発展により、
タレントにとっての芸能事務所の意味合いも、
変わっていく可能性が高いと思う。

日本では、
芸能事務所は、「マネジメント」と「エージェント」の両方の意味合いを兼ねていて、
総合的なものとなっていることが多かった。

一方、
SNSの発展により、
一般人の方でも個人でダイレクトに発信して、
仕事をダイレクトに獲得する人も増えている。

実は、アメリカでは、
マネジメントとエージェントが分離していて、
タレントはマネージャーは直接雇い、
別途、仕事に関してはエージェントと契約する。

タレント・エージェンシー法で、
マネジメントとエージェントの分離が決まっているそうだ。

日本とアメリカの芸能事務所の役割の違い、
である。

SNSの発展に伴い、
日本もアメリカ型に変化していくと思う。

個人が軸になる時代。

さらに、
企業すら個人に取って代わっていくようになるかも。

影響力のある個人が企業とアライアンスを組み、
オリジナル商品を作って、
自らの発信力を活かして、
ダイレクトにファンに売っていくビジネス。

私は企業のあり方自体も変化していくと考えていて、
5年位前にNEXT COMPANYという記事でも書いたとおり、
”経営者だけの企業”が活躍していくようになる、
と予想している。

・・・

一方、
今までもあったような、エイベックスのような立ち位置の存在は、
今後も価値を持ち続ける気がする。

象徴的なカルチャーを率先して作っていくような存在。

ただ、
今後は、芸能事務所という立ち位置ではなく、
MEDIAのような立ち位置が、
この立ち位置に近いかも。

MEDIAであり、
エージェント的な立ち位置かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です