シンガポール写真紀行

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」の部屋から眺めた光景/2019年11月30日:撮影:SHUN ONLINE

今回のシンガポール旅行には、私の新しいカメラ「SONY α7 ⅲ」を持参。買ってまだ1ヶ月ということもあり、いろいろとテスト撮影しながら、カメラの感触を確かめた。

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)CAMERAMAN(カメラマン)/2019年11月30日、シンガポール・マリーナベイサンズにて

SHUN ONLINE(樺澤俊悟)/2019年11月30日、シンガポール・マリーナベイサンズにて

上記は、私が宿泊先のホテル「マリーナベイ・サンズ」にて、カメラテストしているところw

このカメラでいろいろと撮ってみて、あらためて実感したのは、その画質の良さ。
以前に使っていたCANONのカメラでは、撮影した写真をズームしてみると、ブレがあり、細部まで鮮明でないことが多かったのだが、今回は、ズームした時に、細部まで非常に鮮明であることがわかる。カメラにて写真をチェックするためにズームして、その場で驚くことも多々あった。

下記にて、撮ってみた写真を掲載。

マリーナベイ・サンズの屋上にあるレストラン「セ・ラ・ヴィ」にて/2019年11月29日:撮影:SHUN ONLINE

マリーナベイ・サンズの屋上にあるレストラン「セ・ラ・ヴィ」にて/2019年11月29日:撮影:SHUN ONLINE

マリーナベイ・サンズの屋上にあるレストラン「セ・ラ・ヴィ」にて/2019年11月29日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイ・サンズの屋上にあるレストラン「セ・ラ・ヴィ」にて/2019年11月29日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイ・サンズの屋上にあるレストラン「セ・ラ・ヴィ」にて/2019年11月29日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイ・サンズの屋上にあるレストラン「セ・ラ・ヴィ」にて/2019年11月29日:撮影:SHUN ONLINE

F2.8で前ボケ&後ボケを演出している。ピントを合わせた食事が際立つ。

ちなみに、このレストラン(CE LA VI (セラヴィ))は、私の帰国直後に、渋谷にもオープンした。とても雰囲気が良いので、日本でも多用したい。

シンガポールのマリーナベイ・サンズの屋上にあるレストラン「セ・ラ・ヴィ」に飾られていたクリスマスツリー/2019年11月29日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイ・サンズの屋上にあるレストラン「セ・ラ・ヴィ」に飾られていたクリスマスツリー/2019年11月29日:撮影:SHUN ONLINE

このレストランにも、ホテルのあちこちにもクリスマスツリーが飾られていて、もうそういうシーズンだな、とあらためて実感。シンガポールは常夏なので、あまりクリスマスっぽい感じがしないけどw

拡大してみると、実に鮮明。

シンガポールのマリーナベイ・サンズの屋上にあるレストラン「セ・ラ・ヴィ」に飾られていたクリスマスツリー/2019年11月29日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイ・サンズの屋上にあるレストラン「セ・ラ・ヴィ」に飾られていたクリスマスツリー/2019年11月29日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイ・サンズの屋上にあるレストラン「セ・ラ・ヴィ」から眺めた夜景/2019年11月29日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイ・サンズの屋上にあるレストラン「セ・ラ・ヴィ」から眺めた夜景/2019年11月29日:撮影:SHUN ONLINE

そして、朝、マリーナベイ・サンズにて宿泊したホテルのカーテンを開けると、素晴らしい光景が広がっていた。半島の先端にあり、海が目の前に広がっているところが素晴らしい。貿易拠点でもあり、タンカーが多数停まっている。

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」の部屋から眺めた光景/2019年11月30日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」の部屋から眺めた光景/2019年11月30日:撮影:SHUN ONLINE

宿泊した部屋は、26階。部屋に入った途端に自動でカーテンが開く仕様がかっこよかった。その後も、カーテンはボタンひとつで開閉できる。

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」の部屋から眺めた光景(植物園)/2019年11月30日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」の部屋から眺めた光景(植物園)/2019年11月30日:撮影:SHUN ONLINE

ホテルの目の前には、植物園もあり、斬新な形のオブジェも目立っている。

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」の部屋から眺めた光景(植物園)/2019年11月30日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」の部屋から眺めた光景(植物園)/2019年11月30日:撮影:SHUN ONLINE

SHUN ONLINE/シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」前の植物園にて/2019年12月1日

SHUN ONLINE/シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」前の植物園にて/2019年12月1日

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」の部屋から眺めた光景(植物園)/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」の部屋から眺めた光景(植物園)/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」のレストランのリンゴ/2019年11月30日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」のレストランのリンゴ/2019年11月30日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールの道路標識。背後にマリーナベイサンズが見える。/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールの道路標識。背後にマリーナベイサンズが見える。/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」から東方面を眺めた光景。/2019年11月30日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのホテル「マリーナベイ・サンズ」から東方面を眺めた光景。/2019年11月30日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイサンズ横のマリーナ湾にあるMUSEUM/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイサンズ横のマリーナ湾にあるMUSEUM/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイサンズ横のマリーナ湾にあるMUSEUM/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイサンズ横のマリーナ湾にあるMUSEUM/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイサンズ横のマリーナ湾にあるMUSEUMの池に咲いていた花/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイサンズ横のマリーナ湾にあるMUSEUMの池に咲いていた花/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイサンズ横の湖にあるルイヴィトン/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイサンズ横のマリーナ湾にあるルイヴィトン/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

マリーナベイサンズ横のマリーナ湾で一際目立っているのが、Louis Vuitton(ルイヴィトン)の建物。

シンガポールのマリーナベイサンズ横のマリーナ湾にあるルイヴィトン/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイサンズ横のマリーナ湾にあるルイヴィトン/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールの象徴的なこの一角には、Louis Vuitton、GUCCI、ARMANIなどなど、多数の世界的なブランドも目立つ。エッジを効かせて優れたブランド的な場所を創れば、こうして世界からブランドが集まるんだということも物語っているなあ。

シンガポールのマリーナベイサンズのショッピングセンターにあるGUCCI(グッチ)/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

シンガポールのマリーナベイサンズのショッピングセンターにあるGUCCI(グッチ)/2019年12月1日:撮影:SHUN ONLINE

EMPORIO ARMANI(エンポリオ・アルマーニ)@MARINA BAY SANDS/2019年12月1日/SHUN ONLINE

EMPORIO ARMANI(エンポリオ・アルマーニ)@MARINA BAY SANDS/2019年12月1日/SHUN ONLINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です