BUCK-TICK

気狂いピエロ

最近、毎週、日曜の夜にBUCK-TICKの過去のライブ映像がYouTubeで流れてて、
Twitterで話題になっている。

Twitterの人気ワードで上がっていたので、
気になって、今夜見てみたら、
やはり、素晴らしい。

BUCK-TICKは、20年くらい前に大好きで、
よく聴いていたのだが、
その良さを思い出した。

映画「気狂いピエロ」のラストで、
主人公が自分自身にバクチクを仕込む場面を想起し、
深い芸術性を感じたものだった。

今夜、
スパークリングワインを飲みながら視聴し、
いい気分になれたし、
冴えた感情を思い出せた。

誕生日に向けての盛大な気合い入れになった。

私も芸術を作ろう。
音楽に限らず、
写真や映像も含めて。

P.S.

最近、ちょっとしたミスもあったが、
そのおかげで、寄り道し、
映像美の追求にFOCUSでき、
BUCK-TICK的世界観を思い出す”きっかけ”になったかも。

そういう意味で、
快進撃直前の”かがみ”であったと言えるかもしれない。

イギリスのことわざで、
”The darkest hour is just before the dawn.”
(夜明け前が一番暗い)
とも言うし。

これから私の”GOLDEN YEARS”が始まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です