世界共通語は BROKEN ENGLISH (ブロークンイングリッシュ)

大前研一さん&柳井さん@ユニクロの新刊、読んでみたところ、
大前さんの「英語」に関する考え方が載っていて、

> うまい英語とは、流暢に話せることではありません。
> 世界の共通語は英語ではなく、
> 文法もイントネーションも不正確な「ブロークン イングリッシュ」なのです。

とのこと。

確かに、世界中で使われている英語ではあるけれど、
ネイティブとして使っている方よりも、
非ネイティブが使っている英語の方が多い。

私自身、日本以外のアジアに出かけている時、
常に英語で話しているけど、
相手も私に合わせて英語で話してくる。
当然、彼らが使っている英語もカンペキではないわけけど、
お互いに意思疎通がデキる。

私自身も、
アメリカ人のようではないのだが、
意思疎通には十分。

彼らが日本語を話せないし、
私がアジア各国のコトバを話せないにも関わらず、
英語、大前さん的に言うならブロークンイングリッシュのおかげで、
意思疎通デキ、笑い合うことがデキる。

グローバルな時代、
あまり力まずに まずは世界共通のブロークンイングリッシュを
使いこなせるようになるのが有効なんだろうな。

それぞれの国が自分の国の言葉にこだわるよりも、
世界共通語を「ブロークンイングリッシュ」にしてほしい。

まあ、制度化されないまでも、
皆で使っていけば、イイか。

・・・

21世紀に”転石”的に伸び伸びと生きるためには、
・ENGLISH
・IT
・Finance(株をはじめとした経済学。世界情勢等も。)
のMASTERが有効だと思う。

まさに、
新三種の神器、
と言ってもいいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です