9/23の株式市場/暴落で狼狽売りされた株を拾って買う

9月23日(水)、
秋の連休開けの東京株式市場は暴落でスタートした。

連休中の先物が大暴落していたので、
予測通りではあるが、
前場開け直前からアゲてきており、
それほどの大暴落ではない感じではあるが。

寄り付きの途端、
お得な金額に…

絶好の買い場到来!

AM9:00の開け直後あたりで、
私は余力を活用してMUFGを買い戻した。

何しろ、MUFGは中間配当金の権利確定日直前!
(2020年9月28日時点で保有している株に配当金がつく)
このギリギリのタイミングで良い条件で保有株を増やせるのは素晴らしい。

1株440円あたりからなかなかサゲずに推移していたため、
買うチャンスを待ちわびていた私にとって、
ようやくチャンス到来した感じ。

おそらく、今回の暴落は一時的なもので、
今後、急速に回復に向かうと思うので、
今日の前場開けのタイミングは、貴重なチャンスだったといっていい。

大暴落が起きると、
多くの人が狼狽して売ってしまいがちだが、
暴落の要因が致命的なものでなくアゲる可能性が高ければ、
この売られた株を拾って買う感覚が大事。

短期トレード的な方は、
今日の開け直後に、買って、
夕方に売り抜けて収益を得る人もいると思う。

与沢翼さんは下記Tweetをしていた。

・・・

暴落が始まった時、急いで売って正解なのは、
今年の2月頃のコロナショックの時くらいで、
その他の多くの場合は、要因が致命的でないため、狼狽売りをする必要がない場面、
にも関わらず、多くの株主が狼狽売りをしてくれるから、
これをチャンスとして活用できる。

2020.09.23 AM9:30

P.S.

案の定、その後グングン株価は右肩上がりし、
今朝の寄り付きで暴落してたのがウソのように元に戻った!

株価チャート

2020.09.23 21:44

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です