「緊急事態宣言で株価がバクアゲ」という予想外な展開

今日はダイナミックに株価が変動した1日だった。
ダイナミック、かつ、予想外な動き。

AM9:00、前場の始まりは、非常に低空飛行。
先週末にサゲていましたが、ソレを下回る値動きを見せ、
「これは、さらに底が下がっていくんだろうな」という予感。

何しろ、緊急事態宣言を出すのが決定的となったニュースが流れていたから、
どう考えても下降に向かうだろうと、私は思ってしまった。

「損切」とまではいかなくても、
「単元株を買った金額よりも若干でも高いのであれば、100株単位で売っておこう」と思い、
何回か売った次第。

ところが、その後、どんどん上げ始め、
後場終わりまじかにはバク上げモードに。

天才投資家・cisさんが「バブルがくる」とTweetした直後に本当にアゲてきて、
非常にダイナミックな動きだった。

・・・

今回の上げの要因を、私は当初、「また日銀が買い支えているんだろうな」と思っていたのだが、
実際には、今日は日銀は入っていなかった。

結果的に考えると、、
「緊急事態宣言」とセットで用意された108兆円もの「緊急経済対策」によって、
期待感が一気に上がったのが大きな要因だったのだろう。

しかし、この経済対策が発表されたのは、後場幕引きの後だったのだが、、
事前に情報が流れていたのだろう。(予想も含めて)

・・・

深夜を迎えた今でも、
日経平均先物は上がっており、
明日もアゲていくのだろう。

・・・

今回、大変勉強になった。

何かを考える時、
自分の今までの経験から推測するけど、
結果は自分の経験則以上のことから起こるので、
学ぶ姿勢が必要。

そして、「終わりが見えないなぁ」と思えていたコロナ問題の終わりが見えてきた、
と感じる1日でもあった。

発祥の地の武漢で封鎖解除されたり、
アメリカやスペインで犠牲者が減ったり。

日本では緊急事態宣言がまさに発令されるところであり、
長いトンネルが続くかのように思える空気感がある中で、
実はトンネルの先の明るい兆しが見えてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です