9/16の株式市場/円高が進行…菅政権のもとで円安は継続できるだろうか

為替(ドル円)チャート

9月16日(水)、
本日の東京株式市場は、日経平均的には少しアゲ、
我がMUFG的にはサゲた…

昨日、日経平均的にはサゲる中、
MUFGはアゲてたので、
全体がアゲ始めれば、もっとアゲるかもと一瞬思ったが、
やはり、完全には連動していない。

1株あたり448円をつけたあたりで、
少し利確しておけば良かったかも。
まあ、権利確定日が近づいているから、
なるべく多く保有しておきたいので、
今はある程度慎重でもイイのだが。

ところで、
現在、株価に影響を与える2つの要素が、
興味深い動きをしている。

1つ目は、原油価格。
これが高騰しており、
株価的にはプラス。
特に、NYダウにはプラス。

為替(ドル円)チャート

2つ目は、為替(ドル円)。
一気に円高が加速しており、
これは、日本株にとってはマイナス。

安倍総理のもたらした大きな恩恵の一つは、
円安による株高であり、
まさに、アベノミクスの骨格の一つであったが、
政権が変わり、菅総理になった途端、
円高に向かってしまうのだろうか…

まあ、方針は継続のはずだから、
今の円高は一時的なものと思いたいが、
これが、トレンドとなってしまうと、株価的にはマズイ。
一時的なものであれば、絶好の買い場として利用し、
トレンド化するようなら、一旦ある程度引き上げてから、
安くなった底で買い戻す、というダイナミックな施策に転じたい。

・・・

アベノミクスからスガノミクスへの転換により、
株価は一時的なショック以降は大きな変化はないが、
為替(ドル円)は、大きな変化が始まっているように感じられる。

振り返ってみると、
8月27日にFRBが物価目標2%を平均で目指す方針を示して米長期金利が急上昇した際、
106円95銭付近まで上昇したが、
翌日の8月28日に安倍総理が辞意を表明すると反落し、一時105円20銭前後まで円高が進行。
その後、現在では、104台に…

今、日本株投資をする上で、
この為替の動きは、最も重視すべきポイントの一つだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です