9/17の株式市場/円高の進行と株価の下落

9月17日(木)、
昨日から続いて、円高が進行しており、
22時現在、104.5円程になっている。

連動して、東京株式市場はサゲモード。

アベノミクスの象徴であった円安&株高だが、
安倍総理から菅総理に変わったタイミングで変化の兆候が見え始めたかも。

円安へとすすめるためには、
総理のアメリカとの関係強化が必要なため、
菅総理の今後の施策に期待したい。

一方、
過渡期的な現在、
しばらくは円高&株安へと進む可能性も高い。

これを”買い場”として捉え、
お得な価格で目的の株を得るチャンスとして活用する、
という見方もできる。

しかも、
9月末の権利確定日が間近に迫ったこのタイミングで安値で買える意義は大きい。

明日の株価が楽しみだ。

2020.09.17 22:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です