セブンペイ騒動とアクリート株の高騰

セブンペイの不正利用騒動がニュースで話題になったが、これに関連して、アクリートの株価が高騰し、ストップ高となった。セブンペイには現状、本人確認する「2段階認証」の仕組みがなく、セキュリティーの甘さが悪用されたとのニュース報道から、「今後、2段階認証の利用が広がる」との予想の元、SMS送信サービスなどを手がけるアクリートに投資資金が流入したようだ。

「風が吹くと桶屋が儲かる」との名言があるが、今回の場合、もっと関係はわかりやすい。

騒動があってからアクリート株を買ったのでは、値上がりしているので、遅くて、事前に買っておく必要がある。こう言う風に需要を先読みして、株を所有していくセンスも必要だなぁ、値上がりの差額で稼ぐ側面で考えると。

長期で所有し、配当を狙う側面が軸なのだが、その元手となる種銭を増やすためには、こう言う投機にも取り組む姿勢が有効だと感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です