渋谷駅・南側地区の再開発が進んでいる

渋谷駅 湘南新宿ライナーのホームから眺める渋谷桜丘地区。再開発が進んでいる。2019年8月12日。撮影:SHUN

お盆ということで、
地元へ向かう湘南新宿ライナーの列車を
渋谷駅のホームで待っている際、
前方を見ると、
今まであったビルの多くが解体され、
見渡せるようになっていた。

渋谷駅 湘南新宿ライナーのホームから眺める渋谷桜丘地区とフクラス方面。再開発が進んでいる。2019年8月12日。撮影:SHUN

渋谷駅 湘南新宿ライナーのホームから眺める渋谷桜丘地区とフクラス方面。再開発が進んでいる。2019年8月12日。撮影:SHUN

渋谷駅 湘南新宿ライナーのホームから眺める渋谷桜丘地区とフクラス方面。再開発が進んでいる。2019年8月12日。撮影:SHUN

渋谷駅 湘南新宿ライナーのホームから眺める渋谷桜丘地区とフクラス方面。再開発が進んでいる。2019年8月12日。撮影:SHUN

湘南新宿ライナーの乗り場は、
渋谷駅の南の方にある。

この前方に広がる、
桜丘地区の再開発も遂に本格化したのだな、
と実感。

渋谷駅の再開発といえば、
先行して進んでいる、ストリームやスクランブルスクエアなど、
の印象が強いが、
実は、南部のこの桜丘エリアも、
これから大きく生まれ変わろうとしているのだ。

ホームの もうすこし南側に移動して、
眺めてみると、
再開発の進み具合がわかってきた。

渋谷駅 湘南新宿ライナーのホームから眺める渋谷桜丘地区。再開発が進んでいる。2019年8月12日。撮影:SHUN

渋谷駅 湘南新宿ライナーのホームから眺める渋谷桜丘地区。再開発が進んでいる。2019年8月12日。撮影:SHUN

このあたりは、
渋谷新南口付近。

新南口といえば、
今は東側にしかないが、
再開発に伴い、
西側にもダイレクトに出入りできるようになれば、
このエリアの利便性も大いに高まると思う。

渋谷駅 湘南新宿ライナーのホームから眺める渋谷桜丘地区。再開発が進んでいる。2019年8月12日。撮影:SHUN

渋谷駅 湘南新宿ライナーのホームから眺める渋谷桜丘地区。再開発が進んでいる。2019年8月12日。撮影:SHUN

現状、
渋谷駅のハチ公口方面まで行ってから、
迂回して246号を超えるアップダウンを経て、
桜丘地区にたどり着く導線だが、
ここからダイレクトに乗り降りできれば…

特に、私のように、
湘南新宿ライナー愛用者にとっては、
利便性が大幅に増す。

渋谷桜丘地区をシームレスに快適にするためのPOINTは、
・国道246号を南北に横断するデッキ、
・JR線を東西に横断するデッキ、
の2つだと思う。

これで渋谷駅へのACCESSが、
非常に良くなる。

今は奥渋谷に住んでいる私だが、
この再開発の状況を見ながら、
この桜丘地区に移ってこようかな。

これから数年間かけて再開発工事が進むので、
しばらくは工事で大変かと思うが、
工事が完了するすこし前あたりのタイミングで、
ここに生活拠点を確保したいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。