21世紀の働き方が、コロナの影響でようやく実現化しつつある

ELECTRIC COTTAGE(エレクトリックコテージ)

ドワンゴが、コロナ後も全社員1000人を原則在宅勤務にするとの発表がなされた。2月から在宅勤務を始めたが、通勤時間が不要になったことなどで生産性が高まっていると判断したのだそう。

私が昔読んで大いに影響を受けた「第3の波」に、未来の働き方は通勤せずに自宅で行うようになることが書かれていたが、ようやく、これが実現化しつつあるなぁ、と感じた。コロナ騒動が、こうした働き方の進化を促す良いキッカケになると思う。

「第3の波」には「ELECTRIC COTTAGE(エレクトリックコテージ)」という概念が書かれていたが、いよいよ本格化していく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です