快適に生きるための軸は「株主」になること

「自分が労働したことに応じて対価を得る」という労働者のスタンスを軸としていると、
いつも頑張っていなければいけないし、焦り続ける状態になる。
社長であったとしても、従業員の労働を対価に変えることはできても、
労働で対価を得ることには変わらない。

コレに比べて、
「株主」として生きると、自分の資産がお金を生んでいくので、
頑張らなくてもいいし、焦ることもない。

お金に働かせるのだ。

もちろん、
多額の資金を持っていなければ、
これだけで暮らしていくことはできないが、
このスタンスを軸として生きることが有効なのだと思う。

資産がじゅうぶんなければ、
並行して労働もしなければいけないが、
それをあくまで「株を増やすための行為」としてとらえる。

株主としてのスタンスを軸にして生きれば、
心に余裕が生まれるし、
焦らずに着実に力を行使でき、
精神も体も快適に過ごせる。

そして、
男はこうあるべきだと思う。
経済力をつけて、落ち着いて女性と接する。
これでこそ、頼られる人になるし、
力を行使していく環境とは、こういうものだと思う。

【P.S.】

学生は「どの会社に就職するか」ということを軸に考えがちであるが、
むしろ、「どの会社の株主になるか」を軸に考えたほうが良いと思う。


【P.S.2】

フランツ・カフカの名言からも、
焦らずに生きることの重要性を感じることができる。「人間のあらゆる過ちは、全て焦りから来ている。
周到さをそうそうに放棄し、もっともらしい事柄をもっともらしく仕立ててみせる、性急な焦り。」(フランツ・カフカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。