「NDフィルター」を活用して日中でも「超スローシャッターの世界」を撮りたい

夜であれば、SS(シャッタースピード)を遅くすることにより、クルマのライトが光の川になるような写真を撮れるが、日中は、そのままの設定では、同じような写真は撮れない。

なぜなら、
明るすぎるからw

そこで、
一眼レフカメラの前に、減光フィルター「NDフィルター」を取り付けて工夫すれば、
日中でも可能。

今度、これを試したい。

カメラが揺れたことにより写真がブレるのではなく、
カメラは固定で、対象の中の動いてるものだけをブレさせる、
という「表現」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です