“攻め”のモノクロ写真

指原莉乃 さしはら りの・モノクロ写真

2019年4月20日(土)発売の雑誌「アサヒカメラ」5月号の表紙をHKT48からの卒業を控えた指原莉乃さんが飾る。印象的なモノクロ写真で、撮影したのは写真家の平間至さん。

指原莉乃/「アサヒカメラ」表紙

指原莉乃/「アサヒカメラ」表紙

指原莉乃さんが普段見せないような表情が引き出されている。

「新鮮で艶っぽく、ある種のカッコ良さ」、
確かに。

今号では「攻めのモノクロ写真」をテーマに、76ページの大特集を組まれているそうで、チェックしよう。

カメラマンの平間至さんは、 TOWER RECORDS「NO MUSIC, NO LIFE.」のポスターやミュージシャンの撮影で知られる写真家で、ポートレートを撮る際は徹底してモノクロにこだわっているそう。

今号の紹介文に、

「カラーで撮っても、 モノクロに変えればカッコよくなるじゃん」そう思っている方は“キケン”です。素敵なモノクロ写真を撮るには、 ハナからモノクロで撮る覚悟と、 モノクロ撮影ならではの視点・観点があるのです。


とあり、まさにそうなんだろうなぁ、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です