最近、三菱HCキャピタルの株を売っていたのは日立製作所ではなかったw

三菱HCキャピタルの大株主(2021.09)

三菱HCキャピタルの大株主の最新版(2021.9)が、
遂に公開された。

実は、
ずっと楽しみにしていたのだ…

というのも、
前回のものが今年の3月時点のものだったのだが、
それが、日立と統合する前のものだったので、
大幅に変動していたであろうから。

しかも、
日立製作所が持ち株をかなり売っているとのウワサが広まっており、
実際、8月と10月に、
「三菱HCキャについて、日立は保有割合が減少したと報告」
という「変更報告書」が連続してでていたため、
その後も売り続けているのではないだろうか?
と、勝手に想像していたのだw

▼8月と10月のニュース

三菱HCキャピタルの株を売っていたのは日立製作所
・6/18~8/16の期間で約900万株売却、
・8/16~10/14の期間で約1,520万株売却

ところが、
遂に発表された「三菱HCキャピタルの大株主」のデータを見てみると・・・

三菱HCキャピタルの大株主(2021.09)

日立製作所の割合は、
むしろ、やや増えていたw

10月20日の変動報告書では、
2021/10/14 12.54% → 11.53%
株式数:169,168,180
と発表されていたのだが、

今回発表されたデータだと、
11.82%になっており、
株式数:173,351,000
へと増ええいたのだ。

日立製作所が売っているというウワサは、
10月まではホントだったが、
最近は違っていたようだ。

そして、
三菱商事と三菱UFJフィナンシャル・グループの持ち株数も、
3月と比べれば、
大きく増加していた。

ということは、
最近の株価急落の要因は何なのだろうか?

誰が売っていたのだろうか?

推理小説のような展開であるw

・・・

いずれにしても、
私は、三菱HCキャピタルの価値は高いと思うし、
現状、株価がサゲモードではあるものの、
今こそ「価値>価格」の理想状態になっているのであり、
狙い目だと思っている。

価値があるにも関わらず、
皆が売っているからやばいかもという同調圧力で、
売ってしまう人は凡人であり、
価値を見極めることが有効。

なお、
余談だが、
「三菱HCキャピタル」の会社名は、
「三菱キャピタル」の方がスッキリしてイイな、
とw

ゆくゆくは、
そうなる予感がする。

・・・

M:3,600
MC:700
E:200
R:100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。