Final Cut Pro Xでタイトルを「型抜き」演出する方法

ブレンドモード「ステンシルアルファ」(Final Cut Pro X)

YouTubeで様々なCONTENTSを見ていると、
タイトル表示の際などに、
TEXTを「型抜き」した演出をしているものをよく見かけて、
「かっこいいなぁ」と思うことが度々あった。

下のレイヤーを、上のレイヤーの”くり抜かれた穴”を通して表示するもので、
いわゆる「マット」と呼ばれる手法。

型抜きされたTEXTの向こう側に、
爽やかなビーチの映像が見えたりして、
実にセンスいいなと。

「プレミアとか使ってるのかな」とかw、
「どんな設定にすればできるのだろう?」と思い、
調べて実践してみたら、
Final Cut Pro X(ファイナル カット プロ)を活用して、
意外とカンタンにデキた!

Final Cut Pro Xで「型抜き」した演出をする方法は・・・

編集画面にて、

Final Cut Pro Xで「型抜き」した演出をする方法

「タイトル」>「カスタム」を選び、
TIMELINEにて、重ねたい映像の上に入れる。

そして、
編集画面右上の設定コーナーにて、
ブレンドモードステンシルアルファ」を選択。

ブレンドモード「ステンシルアルファ」(Final Cut Pro X)

これで、
TEXTを型抜きした映像がデキる。

TEXTフォントは、自分好みのかっこいい字体をSELECTして、
演出。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。