料理がデキる女性はなぜモテるのか

私は最近、
自炊」に目覚めた。

まだやっているわけではないのだが、
引越しを機にやるようにしよう、
とキメている。

私は一人暮らしを始めてから今まで、
ほとんど外食(買ってきた弁当なども含む)で、
料理をまったくやってこなかったのだが、
今後は自炊を軸にしよう、
と。

きっかけは、
今年の1月に、
快適な「電気ケトル」を手に入れ
自宅でコーヒー・紅茶・お茶を飲むようになったこと。

ミネラルウォーターの大きなボトルを買っておき、
それを電気ケトルで沸かし、
コーヒーなどを飲むのだが、
実に美味いし、
飲みたくなった時に飲めるから、
快適なのだ。

おかげで、
ペットボトルのお茶とか缶コーヒーとかを買わなくなったので、
コスパ的にも向上できたと思う。

この飲み物の話を食べ物にも応用できる、
と考え始め、
引っ越しを機にキッチンもキレイになるので、
食べ物も自前にしていこうと。

そもそも、
私が好きな食べ物は、
ご飯におかずというオーソドックスなもので、
レストランにはあまりないし、
定食があっても塩分が強すぎたり、
お金もそれなりにかかるし、
他のお客さんと同一空間で食べるから、
相性の悪い客層のお店だと食べるテンポも崩れるしw、
店員さんのサービスレベルが低いお店も多かったりもするから、
自宅で自前で用意したほうが良いと思うようになった。

自宅が景色もよく、
快適な空間であれば、
ヘタなレストランで食べるよりも、
快適だし、
むしろ、特等席である。

コスパもよく、
1ヶ月の食費を大幅に圧縮できると思う。

特に ご飯(白米)のコスパ力が素晴らしい。
お米を買っておいて炊けば、
あとは、おかずがすこしあれば、
美味しく、お腹もいっぱいになり、
力も出るのである。

それから、
私は すこし前から栄養学にも感心を持ち始めており、
体に良い成分を軸に料理を構成すれば、
健康にも良いし、
栄養学の知識も充実させられる。

・・・

話は脱線するが、
料理が得意な女性はモテると思う。

そういう女性を彼女や奥さんにした場合、
男性は栄養をしっかり摂れるので健康的だし、
コスパも良いので。

それは単に安上がりだというだけではなく、
「決まったお金の価値をいかに最大限に活用できるか」
という能力でもあると思うので。

お金を既製品のお弁当やレストランのメニューに使っては、
その価値以上のお金を支払うことを意味するが、
食材を買って自宅で調理して美味しい食事にデキれば、
お金以上の価値を生み出したことになる。

女性に限らず、
仲間として組むなら、こういうことがデキる人と組みたいものだ。

組むことによって相手の経費分がマイナスになるのではなく、
相手の工夫や尽力によってプラスになる組み方。

P.S.

この文章を書いた後、
今、風呂に入りながら思いついたのだが、
このテーマの発展形として、
Instagram, YouTube, Blog等で料理について発信すれば、
それも効果的だと思う。

名コンセプトもまとまったので、
Sparkling Wineの祝杯をあげようと思う。
そういえば、
この自然発泡のSparkling Wineもコスパ良い。

P.S.

最初に買う調理器具は、
電気ケトルの延長線で、
同じくティファールの電気圧力鍋「クックフォーミー」
あたりからにしようかな、と。

フランスのブランド、デザイン性が良く、
炊飯も調理も快適にできそう。

いきなり、フライパンとかコンロを使った調理はこわいけど、
電気圧力鍋なら安心してスムーズに始められそう。

様々な料理がカンタンにデキ、
スピードも早い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。